色素沈着かもしれない | 目の下のシワ・クマを解決LABO~シミ・シワの悩みは解決します!

alt_02

色素沈着かもしれない

目の下にクマができると疲れているだけでなく、老けたような印象を与えるので、女性にとっては大きな悩みの1つとなります。目の下にクマができる原因と言えば、寝不足や貧血というイメージが強いですが、目の下のクマには、3つの種類があり、その原因や対処方法は様々です。クマを解消するためには、自分のクマができた原因を知って、正しい対処法を取ることが何よりも重要です。

目の下のクマを見分ける方法

目の下のクマがどのような種類のものかを見分けるのは意外と簡単です。目の下の皮膚を横に引っ張ることで、クマの色が薄くなった場合は青クマです。青クマの原因は、寝不足や肩こりによる血流の悪化です。目の下の皮膚を縦方向にひっぱると薄くなるのは、黒クマです。黒クマの原因は、目の下の皮膚のたるみによるものです。目の下の皮膚をどの方向にひっぱっても色が薄くならないのは、目の下の色素沈着が原因です。

原因ごとに異なる対処方法

血行不良が引き起こす青クマを解消するためには、まず睡眠を十分にとることが大切です。しかし、冷え性の人は、睡眠をとっていても青クマができやすいので注意が必要です。どの季節でも体を冷やしすぎることがないようにし、血流の悪化を防ぐことも大事なポイントとなります。体を適度に動かすことによっても、血流を改善させることができるので、同じ姿勢を続けないなどの工夫も有効です。黒クマは、皮膚のたるみが原因なので、目の下の皮膚を保湿することで、張りと潤いを取り戻すことが対策法となります。目の下の皮膚に張りができれば、目元に影ができず、目の周りが明るい印象となります。
茶クマの場合は、色素沈着が原因です。目の周りの皮膚は薄くてデリケートなので、洗顔などで目をこすりすぎたり、メイクがしっかり落ちていないことで、色素沈着を起こしてしまいます。色素沈着を改善させるためには、地道な美白ケアを行うことが必要です。

目の下の色素沈着を改善するケア方法

できてしまったシミや色素沈着に有効とされる成分で、人気の高いのがハイドロキノンです。美白化粧品の多くに、このハイドロキノンが含まれています。化粧品によって、ハイドロキノンの含有量は大きく異なるので、高い効果を得たい場合には、ハイドロキノンの量に着目して化粧品を選ぶことが必要です。目の周りの皮膚は特に薄くて敏感なので、目の下の美白ケアを行うときには、ハイドロキノンが配合された目元専用の美容液がおすすめです。

まとめ

目の下のクマは、セルフケアで改善させられることが多いので、自分のクマができた原因を知り、正しい対処法を地道に続けることが何よりも重要です。

TOP