美容皮膚科での治療で美しく | 目の下のシワ・クマを解決LABO~シミ・シワの悩みは解決します!

alt_02

美容皮膚科での治療で美しく

目の下のクマは美容皮膚科での相談と、それに適した美容治療を受けることができます。目の下に出てくるクマは、いつものメイクではカバーしにくいので、根本からの改善で美しさ満ちる目元にすることです。

目の下のクマが青クマであるときには

目の下のクマの色をよく見てみますと、色が微妙に異なることがわかります。青クマというのは目の下が、なんとなくブルー系のカラーを醸し出しています。皮膚は年齢を重ねることで、少しずつですが薄くなります。薄い皮膚はその下の状態も、表皮にわかりやすくなります。皮膚の薄さは皮膚組織も、加齢とともに低下をするためであり、そのために毛細血管の状態は見た目にもわかりやすくなります。しかもうっ血状態になりやすく、青クマ出現となります。美容皮膚科でのケアだったら、肌に働きかけるレーザーシステムで、青クマをリセット可能です。

色素沈着系の目の下のクマに対して

目の下のクマでもブラウンカラーのような、色素がそのまま蓄積されたタイプもあります。まさにこれは、目元の皮膚に色素沈着が起きている状態であり、日常のクセや習慣が、こうした色素沈着型の茶グマを登場させることになります。分かっているようでうっかりするのが、目の下の薄い皮膚への対応です。目元を無意識に強くこすってしまったり、紫外線対策をしないで太陽の下で過ごすなど、日常の中でのあらゆる刺激を受けて、その積み重ねから生じるのが、目の下の茶グマの状態です。美容皮膚科では、光を用いた医療用美顔器での施術ができます。

目の下のクマがブラックカラーであったときの治療

目の下のクマの状態が、黒く見えるときは、血液などではなく皮膚がたるんでいるからです。年齢が上がると皮膚はたるみやすくなりますが、それは顔の目元も同じ現象が起こります。顔の目の周りにも筋肉があって、その筋肉が衰えてしまうので、目の周りの筋肉や皮膚も、重力に負けて下がり、それが目もとのたるみになってしまいます。たるみが生じることで、その下には黒い色の影が生じることになります。美容皮膚科での目元治療法としては、近赤外線レーザーを利用した、美容医療機器での施術での解消法もあります。

まとめ

目の下のクマの改善のために、美容皮膚科では割と、マイルドな治療を受けることができます。いきなりハードな美容治療は行わないですし、目の下のクマへの対処は、美容皮膚科の場合はほとんどが、美容医療マシンを利用しての施術です。

TOP