コンシーラーでカバー | 目の下のシワ・クマを解決LABO~シミ・シワの悩みは解決します!

alt_02

コンシーラーでカバー

目の下のクマへの日常的な対処は、メイクのコンシーラーが使えます。ファンデーションだけだとカバーしきれなくても、もうひと手間のメイクが目元を明るくさせてくれます。

まずはファンデーションとの違いから理解を

ファンデーションは顔の肌全体に利用するメイクアップコスメであり、コンシーラーは部分的なお肌のお悩みをカバーするメイクコスメです。ファンデーションをもっと濃くしたコスメの形状であり、部分用にとても重宝をします。クリームのタイプもあれば、使いやすいスティックタイプもあります。リキッドの種類もあれば、パレット式コスメもあるので、本人の使いやすいタイプを選んでメイクに使うことができます。配合されている成分は、いつも肌のメイクに利用するファンデーションと、ほぼ一緒です。その含有量の濃度が濃いために、もっと部分的にメイクで隠したい時には、すごく役立つコスメとして活躍をしてくれます。

目の下のクマに使ってみよう

目元にはくすみやクマが出ていることが少なくはなく、そのカバーには必須のメイクコスメです。目元の皮膚は敏感で薄いために、メイクを載せてもよれやすいので、扱いはコツを抑えて使うのがいいでしょう。目の下のクマよりも狭く使うのではなく、広げるはには広めにします。必要なパーツにザッとコンシーラーをのせてから、今度は指の腹を使い軽く叩き込んでなじませます。この時にリキッドファンデーションのように、擦るように広げすぎないことです。軽いタッチで叩き込むようなイメージで、クマの気になる部分をカバーメイクします。肌にのせる量が多すぎたと感じたら、ティッシュを手に取り、ソフトになじませてみましょう。

目の下のクマのコンシーラーの注意点

皮膚がとにかく薄いことと弱いことを忘れないようにして、塗り過ぎないようにすることも注意点です。クマが気になるといっても、過剰に塗ることで、目元が乾燥をしやすくなってしまい、ちりめんじわが目立つなどのハプニングにつながる可能性があります。目元には適量を使うようにして、肌にのせてからのヨレを防止しましょう。部分的なカバーメイクのツールですので、そんなにたくさん使わなくても、カバー力は高くあります。

まとめ

毎日のメイクは女子のたしなみですが、目の下のクマをカバーするならば、メイク道具のコンシーラーがベストなコスメです。部分的に利用できるファンデーションですので、目元を明るくカバーしてくれます。

TOP