種類について | 目の下のシワ・クマを解決LABO~シミ・シワの悩みは解決します!

alt_02

種類について

目の下のクマは老けたり、疲れた印象になってしまいます。
しかし、クマと言っても種類があり、それぞれに原因も対処法も異なってきます。悩んでいる場合には、きちんと原因と知ってから対策することが大切です。

青グマの原因と対処法

青グマの原因は、血液の滞りです。目の周りの薄い皮膚から毛細血管が助けること青く見えます。
冷えや生活習慣の悪さ、ホルモンバランスのみだれに睡眠不足、疲労、ストレス、目の疲れなどの原因によって引き起こされます。
対処法としては、血液の流れを良くすることが良いとされています。マッサージや蒸しタオルなどを使って血流を良くしたりし、日々のケアとして血行を促進する効果の有るビタミンKが配合されたアイクリームを使うことなども効果的です。

茶グマの原因と対処法

茶グマはシミと同じように色素沈着によって引き起こされます。表皮レベルである場合には、紫外線や目のこすりすぎ、化粧かぶれにアイメイクが落としきれなかったりすることで起こります。
真皮レベルである場合には、メラニンが皮膚の奥底に沈着している状態です。
表皮のクマを改善するには美白効果の有るメイクなどでケアしていきます。ビタミンC誘導体などが配合されているものが効果的です。
真皮レベルの場合、セルフケアで改善するのは難しいためレーザーでの治療が有効となります。

黒グマの原因と対処法

黒グマの原因は二つあり、一つは生まれつき目の下の脂肪が少なかったり加齢によって脂肪が萎縮したりたるむことで皮膚が凹んで影ができているタイプと加齢によって眼窩脂肪を支えている筋肉が緩んで眼窩脂肪が突出することっでたるみが生じてその下が凹んでできるタイプの分けられます。
影になってできているものですのでメイクによって隠すことは難しく、対処法としては脂肪が少ない場合にはヒアルロン酸を注入して凹みをなくしたり、脂肪が突出している場合には眼窩脂肪を取る脱脂術などの脂肪を行うことで改善することができます。

まとめ

目の下のクマは大きく三種類に分けられますが、混合して症状が現れている場合もあります。その場合にはそれぞれのケア方法を合わせて対処していくことになります。
対処方法があっているか不安な場合には皮膚科などに行って相談してみることもオススメです。
しかし、注意したいのが病気によってクマが現れることもあるということです。ただのクマと放置せずにきになる場合には、早めに医療機関に相談することが大切です。

TOP