悩みは皮膚科に相談を | 目の下のシワ・クマを解決LABO~シミ・シワの悩みは解決します!

alt_02

悩みは皮膚科に相談を

目の下のクマのお悩みは、皮膚科に相談をしてみましょう。病院の中でも皮膚のプロフェッショナルですので、クマを前向きに治療していくことができます。

目の下のクマには外用薬でケア

一般の皮膚科での目の下のクマ治療は、基本的に外用薬と内服薬でのケアになります。美容系になると、もっと高レベルな治療となり、美容目的の治療方法も出てきます。一般の方では、まずは外用薬を使用する治療で対処となります。トレチノイン外用薬の処方により、毎日の家でのお手入れで専用クリームを塗る改善方法をしていきます。アメリカにおいては、肌のに基地を解消するお薬として、しっかりと許可を得ている薬であり、日本でもシワや肌老化への治療にも作用を認められて、病院でも処方されているお薬になります。古くなった角質ははがれやすくなり、細胞分裂の活性化が起こって、新しい皮膚が生まれやすくなります。

ハイドロキノンの外用での治療

皮膚科ではハイドロキノンの外用での治療も行っており、お肌の漂白剤とも言われるお薬を、ホームケアで使う方法です。チロシナーゼはメラニンを作る酵素であり、その阻害訳として、ハイドロキノンは作用をすることになります。メラニン色素を作るのは、メラノサイトでのお仕事ですが、その細胞へも働きかけることになります。このハイドロキノンの外用薬は、一般的な処方ではトレチノイン酸との併用で治療に使い、効果をもたらすという方法がポピュラーな治療方法になります。ダブルで使うことで、クマへの効果も高まりやすいので、併用をするほうがいいのです。ハイドロキノンクリームには、病院によっては、ビタミンC誘導体を含むタイプを処方することもあります。そうすると、余計に肌のホワイトニング作用が高くなるためです。

高濃度ビタミンC誘導体の外用も治療の一つ

皮膚科で行う目の下のクマ治療には、高濃度のビタミンC誘導体の外用を利用することもあります。お肌への利用のタイプは、ローションのタイプになります。サイズの大きいビタミンCは、そのまま肌に塗布しても吸い込まれませんが、誘導体になると壊れることなく浸透をしていうことが可能となります。ビタミンC誘導体は、皮膚の色素沈着改善にも作用をしますので、クマ解消にも一役買うこととなります。

まとめ

目の下のクマは皮膚の問題ですから、皮膚科に相談をしてみましょう。塗り薬などの処方を受けたら、ホームケアで続けてケアをしてみることです。

TOP