見分けて改善を | 目の下のシワ・クマを解決LABO~シミ・シワの悩みは解決します!

alt_02

見分けて改善を

目の下のクマには種類があるので、クマのタイプを見分けて改善対策をしましょう。目元のクマが消えてくれると、肌状態はイキイキして見えてきます。

目の下のクマの種類

目の下のクマは黒いタイプだけだと思いきや、種類があるのがクマです。黒っぽいのは、通称黒グマと呼ばれているタイプであり、目元がむくんでいたり、たるみなどが出てくるために、クマとなって目立ちます。目元は乾燥しやすいパーツであり、皮膚には乾きで小じわもできるので、これも要因になります。目元の血行が悪くなってしまうと、青グマが出てきます。皮膚の色素沈着は目元にもするものであり、それがひどくなると茶グマの出現となります。クセで目をこする人も、茶グマができやすいです。パソコン作業が多い時代なので、目は疲れますが、あまりこすらないほうがいいです。

青い目の下のクマには血行促進を

目の下のクマで青グマができたら、改善のためにできるのは、目元の血液のめぐりを良くするということです。目元は皮膚が薄いので、強いマッサージで摩擦することは控えて、目元には温かいタオルをあててみましょう。顔の血行の悪さはリンパの詰まりもあるので、鎖骨リンパ節の詰まりをなくして、順調な流れにしましょう。簡単なマッサージでプッシュして、鎖骨部分のマッサージをするといいです。黒グマへの改善方法は、専用の目元美容液を、スキンケアにつくようにしましょう。高い保湿成分の美容液が良いので、コラーゲン成分を配合している、目元の専用美容液を使うといいでしょう。

目の下のクマの解消で茶グマの場合

茶グマの改善のためには、目の周辺のメラニンへの働きかけになります。日常的にできることとして、茶グマを改善するならば、紫外線を日頃から防ぐお手入れが必要です。太陽の紫外線は、何かと人間のお肌に悪さをしてしまいますが、目元のクマにも良くはないものです。紫外線を直接浴びてしまうと、メラニンの量がますます増加をしますので、茶色がもっと濃いダークな茶色になりがちです。だから目元にも、しっかりと日焼け止めクリームを塗るようにしましょう。強い刺激にならないように、クリームは優しい力で塗るように気をつけます。

まとめ

目の下のクマは目立つものですが、日常での心がけを変えて努力をすると、改善をしていくことに光が見えてきます。目元も顔の肌の一部なので、肌には水分を与えることも大事ですし、UVケアだって毎日やるようにしましょう。

TOP