効くツボがある | 目の下のシワ・クマを解決LABO~シミ・シワの悩みは解決します!

alt_02

効くツボがある

目の下のクマは疲れた印象だけではなく、老けた印象をも周りに与えてしまいます。
そんな忌むべき存在の目の下のクマですが、撃退する方法はあります。

目の下のクマには種類がある

実は目の下のクマには種類があります。
最もメジャーなものが青クマです。いわゆる寝不足や目の疲れから来るもので、誰でも一度はできたことがあるのではないでしょうか。
青クマは寝不足などの生活要因だけではなく、貧血や血行不良からも起こります。
その他にあるのは黒クマと茶クマです。
黒クマは加齢により目の下の皮膚がたるむことで、皮膚が黒くクマ状に影を作る状態をいいます。
そして茶クマは目の周りをこすり過ぎたことなどによる色素沈着によって茶色くなってしまった状態で、クマといってもこのように3種類の要因があるのです。

目の下のクマに効くツボがある

目の下のクマ対策として、簡単にできるものとしてツボ押しがあります。
代表的なものとして、目頭にある晴明
せいめい
というツボ、瞳のちょうど下にある承泣
しょうきゅう
、目じりにある瞳子リョウ
どうしりょう
、これらのツボを左右同時に指の腹でゆっくり優しく押します。強さはイタ気持ちいいぐらいに行うことが大切です。
ただし、目の周りの皮膚はとても薄くてデリケートなので、こすったり、強く押すことは避けましょう。

それでもダメなら化粧品でケア

ツボは血行促進の効果があるので、特に血行不良が原因でできている青クマには効果的です。
しかし、慢性的にクマができている人にはツボだけでは十分なケアとはいえず、ツボだけで消し去ることは困難です。
では、どうすれば良いのかというと、化粧品でのケアがおすすめです。
というのは、クマができる原因は上記にあげたものですが、そうさせているのは加齢により皮膚が痩せてしまうことも要因の一つで、これは全てのクマにあてはまります。
目の下の皮膚は元々とても薄いのですが、私たちは歳を重ねるにつれて肌細胞のコラーゲンなどハリや弾力をキープする成分が減少してしまいます。それにより、さらに皮膚が薄くなり、その下にある毛細血管の色が浮き出て見えるのです。
そのため、化粧品で肌にハリと弾力を与えることで、肌細胞に厚みがでるためクマを薄く改善することができるのです。

まとめ

クマ対策の目元専用化粧品は多数販売されていますが、MGAというビタミンC誘導体の働きで目の周りの皮膚のコラーゲン生成をサポートするアイキララは口コミ評価が高く大注目です。

TOP