できる病気。 | 目の下のシワ・クマを解決LABO~シミ・シワの悩みは解決します!

alt_02

できる病気。

目の下にクマがあると老けて見えたり、疲れた印象になってしまいます。しかし、クマと一言で言ってもその種類は様々で、原因も異なってくるためしっかりと対処していく必要があります。
また、病気でクマができてしまうこともあるため、その場合にはきちんと治療することが大切です。

目の下のクマの原因

目の下のクマにはそれぞれ種類があり、原因は異なってきます。
青グマは目の周りの毛細血管が透けて見えるためにできるクマで、冷えや生活習慣の悪さ、ホルモンバランスの乱れ、睡眠不足などによって引き起こされます。マッサージやホットパックなど血行を良くすることで対策することができます。
茶グマにはに種類あり、表皮レベルの茶グマは紫外線や目のこすりすぎ、アイメイクが落ちていなかったりすることで色素沈着によってできてしまいます。対策としては、美白効果の有るコスメが効果的です
真皮レベルで色素沈着が起こっていても茶グマは引き起こされます。セルフケアでの治療は難しくレーザーでの治療が有効となります。
黒グマの原因も二種類あり生まれつき脂肪が少なかったり、加齢によって眼窩脂肪を支える筋肉が緩んで眼窩脂肪が突出することでできます。脂肪が少ない場合にはヒアルロン酸などで凹みをなくし、眼窩脂肪は脂肪を取る手術で対応できます。

病気によってできる場合

様々な種類がありますが、注意したいのが病気によってできるクマです。
症状のひとつとしてクマが現れる病気としては、血行が悪くなることでクマができる鉄欠乏性貧血、目の周りが炎症を起こして腫れてしまい目の中の圧力が高まることで眼球が前にせり出る甲状腺機能亢進症、腎臓・肝臓に疾患があると血液が洗浄されにくくなるため血流が滞りクマができやすくなります。
他にお、自律神経の異常が引き起こされるうつ病、皮膚が薄いことで症状の出やすいアトピー性皮膚炎や花粉症などのアレルギー症状などに注意が必要です。

改善するためには

改善するためには、ただのクマと放置せずに早めに医療機関を受診することをオススメします。
病気以外のクマの取り方としては、十分に睡眠をとるようにして、適度な運動や入浴で血行を良くすることを心がけ、栄養バランス良く食事をする、目の疲れをとるようにするなどが良いとされています。

まとめ

目の下のクマは何らかの病気のサインであることもあるため、気をつけることが必要です。
ただのクマだと放っておくと深刻なシミになってしまうこともあります。

TOP