なかなか治らない原因 肝臓 | 目の下のシワ・クマを解決LABO~シミ・シワの悩みは解決します!

alt_02

なかなか治らない原因 肝臓

疲労感もそれほどないのに目の下のクマがなかなか消えてくれない時には、原因 肝臓ということも考えられます。毎日の睡眠も十分なのに、それでも消えないクマであれば、肝臓の健康を意識してみましょう。

治らない目の下のクマと原因 肝臓

既に慢性化をしている目の下のクマにお悩みであるならば、体内の血液関連の臓器がSOSを出している状態かもしれません。人間の顔の目の下のクマは様々な原因がある中で、血液の流れに問題があるというのは、大きな原因のひとつになります。健康な肉体の新陳代謝を良くするためにも、重要な働きで買う役をするのは、体の中の肝臓にパーツです。働き続ける無言の臓器である肝臓は、オーバーワークになると、体内の血の流れが順調ではなくなります。栄養も運ぶのが血液であり、それも十分に行き届かないと体調はバランスが崩れ始めます。それは肉体のみではなく、目元の皮膚にもクマという影響をもたらすのです。

目の下の皮膚はとても薄いもの

卵には薄皮がありますが、その薄さが目の下の皮膚の薄さだと知ったら、厚みがどれほど薄いかを理解しやすいでしょう。肝臓が疲れてしまうことで、人間の体では血流が悪くなり、それは目元の皮膚の血液循環も悪くします。目元の血液の流れが悪くなることで、ヘモグロビンもすっかり酸素が足りなくなりますので、鮮やかなはずの血液のカラーは、瞬く間に黒褐色のカラーに変わってしまいます。目元の薄い皮膚は、その黒褐色の血液の流れを透かせて見せてしまうので、これを発見してクマということになります。血液のなかに存在をする、老廃物が滞るのも行けません。

目の下のクマ改善のためにも肝臓を元気に

アルコール分解をするというのは、肝臓の仕事でよく知られることです。肝臓は体内を浄化する働きをしますので、お肌のアンチエイジング的な役割も担っています。体内に入り込んだ総廃物や毒を、肝臓で浄化をしてから、不要なものを外へと排泄させます。必要な栄養を体内へ、血液にのせて流してくれるので、健康と若さのためにも重要となるのが肝臓です。目の下のクマを予防して元気にするためにも、肝機能の働きをアップさせる努力をしましょう。

まとめ

目の下のクマの原因として、肝臓が疲れていることも考えられます。肝臓は日頃から温めるのが、肝臓を元気にさせるためにも良い方法です。昔から日本にある、湯たんぽを使って外から温めてもいいでしょう。タオルに包み、ゆったりと温めると、心まで癒されます。

TOP